私は、昨年の9月に出産しました。8月中旬頃まで働いていたので、出産の準備がほとんどできないまま出産の予定日が間近になっていました。幸い、母の友人からベビー服や、ベビーバス、ベビーベット抱っこ紐などたくさんお下がりを頂いていたので、退職後にその整理をする程度で新しいものを買い足すことなく済みました。その整理をしていた時にベビー服は日頃見慣れていないので、生まれてくる我が子はこんなに小さな服を着るのかとわくわくしていました。そして入院中は病院の服を着せるとのことでしたので、入院バックには退院時に着るベビードレスを入れて行きました。そして出産後に退院時に持って行ったベビードレスを着せてみると、想像以上に大きくてびっくりしました。頂いていたベビー服の中でも、一番小さなベビードレスを持って行っていたのですが、産まれたての我が子には大きかったようです。

その後、お祝いで何着かベビー服を頂いて、お下がりと共に着せていました。頂いたたくさんのお下がりはサイズ別に分けてタンスにいれていたのですが、すこし油断すると子供はあっという間にもう大きくなっていて、着れなくなっているものもありました。実際に一度も袖を通す事なく小さくなってしまったものもあります。あと着れなかったものは、サイズと季節が合わなかったものです。夏物は冬には寒くて着れませんが来年にはもう小さくてとても着れません。今冬ですが、今若干大きいものはもう来年は小さいかもしれません。私の主人の弟のお嫁さん、つまり義理の妹ですが、一昨年の10月に出産していました。その子どもが男の子で、私の子も男の子でしたので、先日お下がりを持ってきてくれました。義理の妹は妊娠中でしたが、次の子は女の子のようで、青い系統の洋服などたくさん持ってきてくれました。産まれた時期が近いので、ベビー服も少し大きくなってから着ていた服のサイズもほとんど同じで着れないものはなさそうでした。もうしばらく先まで、お下がりのお洋服で過ごせそうです。子どもが大きくなって、自分で好みがはっきりするようになったら、好きな洋服を買ってあげたいです。

小さい間は、すぐに大きくなるし、本人はわからないのでお下がりで十分だと思います。お出かけ着を何枚か自分好みのものを用意してもいいかもしれません。可愛いベビー服が小さくなって着れないのは残念ですが、やはり日々成長しているのを実感できるので、嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*