はじめて赤ちゃんをご家庭にむかえる場合にはベビー服をそろえておかなくてはなりません。しかしベビー服は大人の洋服を選ぶようにとはいかず何かとわからないこともあります。わからないことにどれを選べばいいのか、何が必要なのかということもありますが、サイズというものもわかりにくいです。ベビー服のサイズはどのように選べばいいのでしょうか。一般的に平均的な赤ちゃんは50㎝程度の大きさでこの世に生まれてきます。そのためにベビー用品店で売られている国内ブランドの新生児用のベビー服はどれも50㎝が一番小さいサイズとなっている場合が多いです。ピッタリのサイズを選びたいので最初は50㎝のものを選ぶようにします。その後成長に合わせてサイズを変更していくようにします。赤ちゃんは1年で約25㎝から30㎝程度身長は伸び、体重は約3倍にもなります。

ですが赤ちゃんにも個性があり成長がゆっくりの子もいればほかの子よりも大きく成長する子もいます。赤ちゃんい合わせて選んであげたいです。国内ブランドのベビー服はおおむね10㎝刻みもしくは5㎝刻みでサイズが用意されています。月齢とサイズの目安として次にあげるようなかたちとなっています。月齢0か月から2か月で身長50㎝・体重3㎏から6㎏の場合にはサイズ50、月齢3か月から5か月で身長60㎝・体重6㎏から9㎏の場合にはサイズ60、月齢6か月から11か月で身長70㎝・体重9㎏から11㎏の場合にはサイズ70、1歳から1歳半で身長80㎝・体重11㎏から13㎏の場合にはサイズ80、1歳半から2歳で身長90㎝・体重13㎏以上の場合にはサイズ90のものを目安として選ぶようにするといいです。国内ブランドの場合には以上のように月齢や身長、体重から選ベばいいですが、輸入ブランドのものはどのように選ぶといいでしょう。輸入ブランドの場合にはサイズ表記が国内のものとは異なり、赤ちゃんの月齢に合わせて3m・6m・12m・18mといった具合で表記がなされています。月齢でのサイズ表記がなさ得れていますが国内ブランドのものより大きめに作られている場合が多く、3mの場合には身長48㎝から58㎝・体重5㎏まで、6mの場合には身長58㎝から65㎝・体重5㎏から7㎏、9mの場合には身長65㎝から68㎝・体重7㎏から8㎏、12mの場合には身長68㎝から73㎝・体重7・5㎏から9㎏というようなかたちとなっています。

大きめに作られているのでボトムが大きい場合もありますので裾を折るなどして使用するといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*