子どもを持つ親として、少しでもかわいい服を着せたいと思うのが親心です。しかもあっという間に過ぎてしまう赤ちゃんの時期は、とにかくかわいいものを着せてあげたいと感じます。最近では少し変わったベビー服のデザインなどがあり、そのひとつがきぐるみタイプです。動物のデザインや有名なキャラクター、植物のデザインなど、この時期にしか着せられないかわいいデザインの服がたくさんあります。少し大きくなってくると子ども自身の好みも出てきて、着てくれない場合もあるので、まさに小さなうちに親の好みの服を着せてみたいという思いがあります。私も現在三人目を妊娠しているので、生まれてくる赤ちゃんにどんな服を着せたいか早速インターネットでリサーチしてみました。インターネットで少し調べただけで、たくさんの画像付きでベビー服が紹介されていて、大変選び甲斐があります。

まだ性別が全くわからないので、男の子用、女の子用の服の両方を調べてみましたが、本当にどちらもかわいい服がたくさんあります。面白いセリフや文句が書かれたベビー服もあり、これはいつか着せてみたいと感じました。このように自分の子どもに着せたい服もたくさんありましたが、もし友人に子供が生まれた時に送りたいベビー服のデザインも見つかりました。名前の刺繍を入れられるベビー服です。お下がりとして着ることが少し難しくなってしまうかもしれませんが、その子だけの特別な服として着せることができるのでスペシャル感があります。実際に、私もお祝いで名前入りの服やタオルケットをいただきましたが、特別な感じがしてとても嬉しかったことを覚えています。ベビー服を購入するときに気を付けないといけない点は、サイズです。あっという間にすぎる期間だからこそ、購入するサイズをどれにするかということが重要となってきます。赤ちゃんはどんどん大きくなるので、新生児サイズでかわいい服があっても、たくさん買うのはもったいないことになってしまいがちです。少しでも長く着られるように、気に入った場合には同じデザインで大きなサイズを選ぶことが大切です。

また、ハイハイ時期や立ち始める時期に買うベビー服も、デザインやサイズが重要となってきます。下半身が動きやすく、窮屈でしめつけないようなものが最適です。親の好みで服のデザインを選べる時期だからこそ、その分赤ちゃんが窮屈で嫌な思いをしないような服を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*